FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジュラシックワールド・炎の王国」が10倍見たくなる記事(ネタバレ無)。お勧めのタイプとお勧めしないタイプ分けetc。




2018年も半分が過ぎましたが、

今年は特に例年に比べ

「映画豊作の年」と言っても過言では無いでしょう。

しかも、4D劇場で見た方が良い大作が豊作な年!







「レディ・プレイヤー1」に続き、

またも4D用の映画が、ついに上陸しましたね。






その名も「ジュラシック・ワールド・炎の王国」

もう巷で評判になっているのでは。





いくら映画に疎くとも

「ジュラシックパーク」という響きは、あまりに有名なので

皆さん一度くらいは聞いたことがおありでしょう。

そう。それです。

恐竜の出てくるスピルバーグ監督の超有名映画です。




そして、

その続編シリーズとなる新たな世界観が

「ジュラシックワールド」なのです。








こちら韓国では6月末に公開したので、

一足先に見てきました。








すごく迫力の無い恐竜がすごい迫力で立ってた




個人的な感想を一言で表すと




「アレ…?うちのネコやん…」




面白いことに、

映画を見てきた知人の感想のほとんどが

それも、猫を飼ってるいる人はほぼ全員





「自分ちの猫やアレ...」

という反応。







一足先に映画公開が終わった韓国での評点は、こちら。

8・60点。

基準が分かりにくいかもしれませんが、

8超えならば大衆受けはかなり良い方だと思えば良いです。

イイねの多くついた順番に

3つほど、大衆の感想を要約してみますと





「これは絶対!スクリーンでかくてサウンドでかい劇場で見た方が良い!!」



「うちの子はアベンジャーズのシリーズよりこっちの方が面白かったみたい」



「映画は超良作。でも子連れの親はちゃんと静かにさせてほしい」





などですね。

映画自体の評判は良いのですが

恐竜ものだと子供連れも多いので、そこんとこは注意です。





では、この映画を、お勧めするタイプの人


1.とにかく派手なアトラクションが好きな人


4Dや、4D+3D眼鏡で見たら、

そこいらのアトラクション顔負け

楽しい2時間を過ごせることでしょう。




2.恐竜好きな人



そんな人はもはやこの作品を見逃す意味が分からない




3.とにかく盛り上がるお祭り的映画が好き。


私もこのタイプですね。

世界的に盛り上がってるものにはとりあえず便乗して楽しんでおけ派

兎に角、満足な作品となるでしょう。




4.猫を飼っている・猫が好き


「ブルーがうちの猫にしか見えなかった…」

という反応間違いなし。

マイペースで懐かない様でいてツンデレな様子

ネコ派魂をくすぐります。




続いて、この映画はあまりオススメしない人



1.ディテールが大事な人


細かい設定や、突っ込みどころに耐えられない人からは

多少文句が出ると思います。

「あんなの科学的におかしい!」とか思ってしまうタイプにはX




2.「恐竜映画?子供っぽいじゃん」派


ジャンル的に幼稚だと思ってしまう方にも向かないでしょう。




3.映画は哲学的で難しくあるべきな人。



勿論、このシリーズだってきちんとメッセージや哲学はありますが

映画が終わってから評論家の講義を2~3時間聞いたうえで

隣の人とあーだこーだ意見を交わさせるようなタイプ


深い映画が好きな人には物足りない事でしょう。





以上、ご自分がどちらのタイプかよく見定めて

映画料金と貴重な時間を振り当てて下さい。





では、

上の「オススメ」項目に、見事当てはまったけれども

あまり「ジェラシックパーク」シリーズに馴染みが無い

という方のために

「ジェラシックパーク」の簡単な説明をしておきます。

私もそこまで詳しくない状態で楽しく観覧してきたので

予習はこんなもんで十分過ぎるくらいかと。





― ジェラシックパークとは。






単純明快に説明すると

「6500年前に地球に住んでいた恐竜のDNAを復元し

恐竜を展示していた公園で起こる話」
です。

1990年にマイケル・クライトン氏によって書かれたこの小説を

大巨匠・スティーブンスピルバーグ監督が映画化。

映画史に残る大ヒット作となった、という歴史。





― ジェラシックパーク第3作目の失敗



ヒット作映画の続編が大コケするのは、よくある話。

続編「ロストワールド」も不評だったうえ

「ジェラシックパーク3」が興行的に大失敗。




その打撃で、予定されていたはずの4作目は

協議されるもそのたびに不発




そんな中、Colin Trevorrow監督が

2015年「ジュラシック・ワールド」を公開。





ジュラシックパークの続編の中で

最も高評価を記録する結果となりました。

それによって「ジェラシック」シリーズは息を吹き返し

今年の夏に続編が公開するに至ったのです。





ちなみに主役は、

「ガーディアンズオブギャラクシー」で有名な彼です。

とっても大事な余談ですが、今作の方がスターロード役よりも

ずっとしゅっと引き締まっててイケメン度高いです。






流れからすると、

ジェラシックパークの5作目というよりは

ジェラシックシリーズが2つあって、

そのうち一つの続
編だと考えた方が良さそうです。

前シリーズの「ジェラパー」シリーズは見なくて問題なし、という事です。





それでも全部見ておきたい方は

ジュラシックパーク

→ロストワールド

→ジュラシックパース3

→ジュラシックワールド

の順番にどうぞ。






ストーリー展開とは関係ないけれど

注目しておくと楽しい小物

― 水コップ



― 肖像画



― 宝石のついた杖



― ジュラシックパーク入口



― バックミラー







ジャンルはアクションアドベンチャーですが

ホラーにちょうどギリギリ届かない位の

スリルある冷や汗場面漫才
なので




「ホラースリルかと思った!」

という人も多いのでご注意を。

(自分もビビりですが、そこまで怖くはなかったです。)






主演の女優さんも、とてもお美しいです。

キャラの性格もいかにもハリウッド大作が好きな典型的タイプでしたね。

私の思うハリウッドが好きな女性のタイプ ↓

「私の事なんか構わず、やるべき事をやって!でも好きよ!」

みたいな。






ちなみに

映画終わりのクッキー映像(おまけ)について。

個人的には、「全く見る必要ない」おまけ映像でした。

私含め、10分ほど待ってた人達は皆

「これ見るために待ってたの…?」「うーわ、騙された」

と、頭をかきながら負け組気分で気まずく退場しましたので…。






というワケなので、皆さん。

今日本でも4D映画館で絶賛放映中の「炎の王国」

是非堪能して下さい。










きっとこのコラ画像が納得できるはず。





出来れば4Dオススメです。

Category

掲示板(BBS)



 
  現在 人がこのページを見ています。  
  ↑ 死ぬほど大好評販売なう。

→ Index画面へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。