スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

セウォル号一周忌















追悼の集会をギネス申請するとかバカな真似しなくとも

もはや出来事自体が

ギネス級の恥ずかしい出来事で。







それでも

自分の命より

子供や学生を優先して、亡くなった教師や

見知らぬ人に救命ボートを譲ったまま、帰らぬ人となった人や

最後まで船に残り

安全なルートを誘導して殉職した女性がいて






海水が入り込み

船が傾く状態でも

室内でじっとしてろと言う船内放送だけを頼りに

素直に大人しくじっと辛抱していた学生達。

その恐怖の真っ最中にも

家族や友達へ、

歳相応でピュアな愛のメッセージを残した、沢山の哀しい魂。






この国の一国民として

心から恥ずかしくて、怒りがこみ上げる事なんて

この事件に限らず日常茶飯事だけど






それでも、

一概に、情けない人ばかりの民族では無いことは確かで。

ほとんどの食堂で、おかずと水を無料でいくらでもサービスする国民性。

文句を言いながらも、客を家族のように振舞い、ただでおまけを提供する国民性。

道を聞いたら、目的地まで着いて来てしまう、おせっかいな国民性。

いくら満員電車でも、シルバー席には決して座らない国民性。

大多数の国民に

情があって、

おせっかいで。






こうした大事件に

ある意味人事でも

国全体が一体となって

怒り、悲しみ、労い、

ひとつになれるメンタルくらいは持っている。






日本の国民性や、先進文化をたくさん学んだ私だけれど

恥ずかく感じながらも、

そしてたまに腹を立てながらも、

私はやっぱりこの国を憎む事が出来ない。

義理的な感情かも知れないけれど。







どうせ国民性なんて、すんなり変えられるものでは無いのなら

韓国は、韓国なりの民族性を持って

改善して、発展していくしかない。

どうせ私達は、英国紳士なんかじゃ無いのだから。











そして、

見も知らぬ他人だけれど

私と同じ国で生まれ育ったという共通点ひとつで

こんなにも心を痛ませた彼らが、

悲劇的な被害に巻き込まれた多くの魂が、

どうか安らかに、眠らん事を。

もしもまたこの国に生まれ変わるとしたら

その時は、今よりは少しでも

マシな国になっている事を。







心から。

スポンサードリンク

Category

掲示板(BBS)



 
  現在 人がこのページを見ています。  
  ↑ 死ぬほど大好評販売なう。

→ Index画面へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。