スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ファン&アンチお待ちかね。「がっちゃんサイン会」こと、トマト会レポート!!!写真も山ほどあるよ










先手必勝。

これが、がっちゃんの素顔。

















いやぁ、

お恥ずかしい。

イラストそっくりの顔面でさぁ。

しかもすでに、頭にでっかいトマトぶつけられた後だわ。








おそらく

皆さん既に、

がっちゃんの色白巨乳伝説隠し撮りはご覧になった方もいるでしょうが

隠し撮りなんかの遠いアングルじゃ、やっぱ物足りない。

間近で撮られたがっちゃんを拝めるのは、やっぱここだけだね!








サイン会風景 ↓











「えっへん」







「かたじけない!」







「~♪」







いやぁ、楽しかった。

本当にありがたやありがたや、の時間でした。

そして、参加された皆様は記憶に新しいでしょう、

サイン会の列を仕切ったり、私を誘導したり、ペンの管理をしてくださった、

スーツのお兄さん。

あの方、実は凄く敏腕な方でして。







がっちゃん達一行が、本屋さんへ到着するなり







「僕と一緒に歩くと、ファンの皆さんに気づかれるので、

5m後ろから歩いてきてください!」








と、さり気なく控え室へ誘導する敏腕さ。

しかも、5m先を歩きながら

あからさまにこちらをチラチラ確認しながら歩く敏腕さ。

お陰で余計バレるじゃねーかという敏腕さ。








そんな敏腕なお兄さんが

ずっと横でSP代わりをして下さったり、

ペンの出も良くしてくださった事で、

非常にスムーズに終わることが出来ましたよ。

とっても感謝です。








しかし!

やはり一番の感謝

その日参加してくださった皆さんですってば!!

のっけから、暖かい歓声で迎えてくださった皆さんですってばよ!








「先生のお出ましで~す!」


こと、

「史上初・東方神起で商売に成功した、金の亡者ファンのお出ましや~」



の瞬間から、

ドッ!

と笑いの渦を起こしてくださり、どれだけ助かった事か。

あんなトマト姿で登場したのに、会場が静まり返ってたら・・

なんて、考えただけで涙目ですわ。








それからの時間本当に

あっ

という間でした。

「150人は、大変だよ」

と聴かされていたので、

「嘘だろ?」ってくらい、あっさり終わってしまい

でも時計を見ると、ちゃんと時間は予定通り過ぎていて。








あんなに沢山の人とお相手したのに

一人一人、記憶に残るって、信じられないでしょう・・?

いえ、マジで記憶に残るもんなんですよ。

しかも私のは韓国語メッセージやらイラストやら、

やたら時間がかかるサインなため、

一言以上は言葉を交える事が出来たので、特に。








中でも、

顔を真っ赤にさせた、9歳の可愛い少年や、(おてがみ、ありがとう!!家族・マロンのイラスト、かっこよかったぜ!)

恋人の代わりにサインをもらいに来たらしきデッカイ男性や

仲睦まじくご夫婦でいらした人や、泣きじゃくってしまった人などは

皆さんの目にも特に印象的だった

という、感想メールが多かったですね。









もちろん私は、

皆さん一人一人印象的でした。

あ、TAIJI・HIDEと書いて欲しいという方がいらして、

TAIJIさんが韓国でのイベントでサインする時に使われ、

何となく取って置いたのが、予期せず遺品になってしまった大事なマジック


心を込めて、書かせて頂きましたよ。

上野公園へ行くときの形見として持ってきといて、すごく良かった。









サイン会自体は、

全く疲れを感じなかったのですが、

実はどちらかというと、

前日までの手作業の方が、ずっとヤバかったです。








ええ、

お一人お一人お配りした、

「サイン会記念・2Uチョコレートとしおり」ですよ。

































これがガチでヤバかった。





もちろん、お馴染み・うちの屁怒絽・・・

いえ、母上は、

当然、手伝って下さるような偉人ではないので

一人で作業しつつ記念写真を一人で撮るという非常に可哀想すぎる風景。

この作業で手首が死亡して

当日サインが出来ないところ
でしたね。あぶねあぶね








いかんせん、ぶきっちょなもので、

しおりなどはコーティングの切り目がガッタガタですが

各自、ハサミなどで綺麗に切り揃えて頂けると使いやすいと思います。

とにかくまぁ、

喜んでいただけたようで何よりです!作ってよかった








しかしまぁ、

150人全ての方と握手をするつもり

手順がこんがらがり、そのまま返してしまった人もいた気がして

思い出すと、夜も寝付けないような気持ちでイッパイなのですが、








お一人お一人の、

暖かく優しいお顔、

死ぬまで忘れる事は無いでしょう。

死ぬ間際のフラッシュバックに必ず登場する瞬間・確定ですわ。







しかも、

お騒がせしにお邪魔した外人野郎の為に

わざわざサイン会まで足を運んで下さるだけでも感謝で胸がつぶれそうなのに、

プレゼントまで持参して来てくださった方々がいらして。

非常に恐縮です。

日持ちしない食べ物以外は、

全て国際郵送で送ってもらったので

手元に到着しましたら、食べ物と一緒に、改めて確認画像を載せますね。









てか、

ここまでアンチの話題無し。

あれ?アンチは?

と、思われた方も多いでしょう。

池袋の奇跡ですよ、皆さん。

まぁ、野次馬もかなり多かったですし、その中には潜んでいた事でしょうが

もし、サインをもらって行ったあの中にアンチがいたとしたら

あんた、世界的大女優になれますよ。

ってくらい、皆さん暖かかったです。

ありがとう








がっちゃん で検索かけると出てくる画像↓










もちろん隠し撮り。

でもなんか、関係者に囲まれて

何だかんだで、ちゃんと守られてたんだなぁ、とホッコリ

妙に気に入ってしまった一枚です。

隠し撮りぐっじょぶ

周りの方々、お世話になりました、ありがとうございます本当に。










せっかくなので。

サイン会の前日、

書店に飾ってあるミント坊が見てみたい、と思い

新宿の某書店さんへお邪魔したところ











押しつぶされかかってる我がミント某を発見。






なんだかなびだがでてぐるよ・・・!

これが親心か、

ぐずん。










ミント坊がんばれ、

超がんばれ。









しかし。

人生とは分からぬもので。

明くる日、

東京ドームへ向かったところ

東京ドームシティの書店にて

信じられない光景が。




























ミント坊おおおおおおおお・゚。 ・゚・(つД`)・゚・; ・゚・

















イイハナシダナー










激写の瞬間、手にとって下さった見知らぬ方、ぐっじょぶ!

まさか、真後ろに著者がいるなんて想像もしてなかった事でしょう。

しばらくパラパラとめくった後、レジへ持っていく人を発見した瞬間は、

思わずジャンピング土下座繰り出すところでした。あぶねあぶね

うちのミント坊を、どうぞ4649!!








何だか、

ずいぶん前の記憶を、思い出してしまいましたよ。

子生意気な小学生のときですかね。

卒業文章の、将来の夢という項目に


「ベストセラーな本を書く」

という事を書いて、

今の今まで忘れていたものですが。

ひょんな形で、叶っていたんですね。夢。

本が1位を取って、サイン会に日本へ渡って来ることになって。

しかも、きっかけをくれたのは、ずっとずっと大好きだった、東方神起。








なんかもう、

目にしたもの感じたもの全て、

忘れられない日本訪問でした。

(ドーム感想記事も改めて書くつもりですが)

二人の舞台だって、もう、予想と期待以上に素晴らしすぎて

未だ、目に焼きついております。

ドームは、一分一秒が、感無量の瞬間でした。









私の幼い頃の夢に、


翼を生やしてくれた存在が。


今、自分の目の前で、輝いている事。





我慢強いリーダーが泣くまでの、歴史的瞬間を共に出来た事。




振り返れば、もう、


8年もの時間を、共にしてきていた事。





ありがとうでもない、ごめんなさいでもない、愛してるでもない、




もう何か、表現出来ないぐちゃぐちゃとした感情が


涙となって、流れるばかりでした。









ありがとう、ただありがとう。

辛さや攻撃に耐えてくれてありがとう。やり遂げてくれてありがとう。

全部飛んだ。数年間ずっと辛かったもの、全部飛んだ。









Dear.

サイン会のとき

私の手をとって、

震え泣きながら夢を語った、女性へ。








「夢って、意外と叶うものなんだよ」、と

私もほんの少しは、

調子こいて先輩風吹かせれるようになったから。


後ろ指さされようが何をされようが、一応は、夢をひとつ叶えた事になるのだから。

今なら少しは、夢について語れる気がする。

クサい話も、今なら。








貴女の夢も、

絶対に叶えてほしい。

自分の夢を、泣きながら語ることが出来る」、

その情熱だけでも、半分は、叶っていると思うから。









夢ってのは、たぶん








「お前は狂っている」と、ののしられるほどの情熱

誰かに何と言われ血だらけの心になろうと、そのすべてを糧に出来るメンタル

そのふたつを捧げられる、正しい信念








このみっつさえ揃ってれば、

ある程度のレベルの夢は、大抵叶う

そんな気がするのです。









今思えば、私の見てきた
尊敬する人々は、皆そうだった。


PS.
無しでも叶えるチートな人もいますけどね。(笑)
チートの無い、私みたいな凡人の話ッス。笑


PS2.
「トマトの被り物裏話」「豚鼻裏話」はもっとあるのですが
それはまた、次の機会に。

貴重な時間と、貴重なお金を使って来て下さった150人+αの皆様
心から、ありがとうございます。どうぞ幸せになりやがれ!
행복하세요!


PS3.
尚、情熱の都市・大阪から、問い合わせが殺到しており。
東京でのトマト会・大好評につき
「トマト会・大阪公演」
出版社さんで計画しているようです。
(まだ確定ではありませんが。)

「本の売れ行きの良い地域は全て回って全国公演したい」
ってな位、皆さん意気込んでらっしゃる模様なので、
興味ある方は、どんどん出版社に問い合わせ、攻め込んで下さいな。ㅋㅋㅋ

 

  ↑ 死ぬほど大好評販売なう。

スポンサードリンク

Category

掲示板(BBS)



 
  現在 人がこのページを見ています。  
  ↑ 死ぬほど大好評販売なう。

→ Index画面へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。