スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

「Amazonランキング1位」!なんという奇跡wwww









一昨日~昨日はもっぱら

「がっちゃん!Amazonで書籍1位でしたよ!!」

のメール殺到。






勿論、見ましたとも!











すげー!




たとえ一瞬でも、

これは素直に喜んでイイ記録っすよね?

このキャプチャーは、

皆さんからの贈り物として

一生、記念に取って置きませう。

さすがは皆さまがた、

情報の速さだけじゃなく、勢いもハンパ無いっす!







あ、中には、

「セブンネットさんや、楽天さんでの本のタイトルがちょっと変」

という通報もありました。

うむ、確かに。











私の東方神起って何だ




所有しちゃってるぜオイ

私の願望じゃねーか






うん、それからそれから。

反響の分、

早速、扶桑社さんのツイッターへ苦情ツイもハケーン!











いやだなぁ、照れちゃうなぁ。

はてさて、

こういう苦情には、


扶桑社さんは、一体どう対応して下さるのかなあ?!


と期待したところ。











見ましたか。

扶桑社宣伝部ツイッターさんの

最終更新日。











仕 事 し ろ よ





宣伝は?
おーい







うちの母ちゃん並みの無関心だぜ

ご覧の通り、出版社の宣伝部も放っときまくってるがっちゃん本ですが

純粋に皆さんの関心のみで、

これだけの反響が来た事

とにかく、ただ、ただ、感謝です。







感謝と言えば、

遅ればせながら、

1月末に行った緊急アンケートの際も、本当にありがとうございました。

締め切りを過ぎて送ってもらったメールも、有難く読ませていただきましたよ。

お陰で非常に面白い質問と、

素敵なメッセージが沢山集まりましてね。








しかし中には、

韓国文化や韓国語とは

全く関係ない質問とかも、結構混じっておりましたね。

一例: 「震度264は何ですか?別の人ですか?サークル名とかですか?」

みたいな。







え?

「私もそれ、分からない」

ですと?!

参ったね。

有名人気取りも程遠いっすよ。

まあ仕方ない。

改めて、この場を借りてお答えしょうか。







「震度264」というのは

初期に使っていた名前でして(Youtubeに動画をあげる時など)

「264」は

ユノとユチョンの誕生日を混合させた、

非常に特別な数字
なのでございます。

ただ、

個人的にあまり好きじゃない数字の方が多めに入ってるという話は

企業秘密なので絶対に漏らさないで下さい。








そんな由来の名前なのですが

当時は、結構な確立で

246さん」と間違えられる事が多く、

いつしか「がっちゃん」という呼び名が定着しすぎた事もあり、

今やただの存在意味の無い「ただのシンボル」みたいな呼称となったワケです。







余談ですが、

「呼び名」と言えば、

他にも

「ユチョンが某アイスクリームのCMで呼んでいた恋人の名前」にちなんで

「ソヨンさん」

完全強制で皆様に呼ばせた「美人さん」

たまにフザけて「ビギンさん」

などなど。

全て、自分から無理ヤリ呼ばせていたのがポイント








うん。今思えば

ブログ初期は、

皆さんの声援に甘えて、

アホの限りを尽くさせて頂いたものですな。

こんなアホのブログ、放って置けばよかったものを

せっせと除きにいらして大きくしてしまった皆さんも大概アホっす(笑)







まぁ、とにかく。

せっかく沢山の質問を送ってもらったのに

分量的に、全て掲載するワケにはいかなかったってのは

たしかに勿体無い。

本で答えられなかった質問などは、

ブログでちょっとずつ答えていくか、

また次の機会などに使わせて頂くか、みたいな形ででも

答えてゆきたいと考えております。








ちなみに、

本には載せられなかったもので

特に多かった質問が

「島問題」

いや、知らね-しww

私じゃ難しすぎる。








まぁ「興味外」ではあるものの、

島のニュースとかを目にするたび

ぶっちゃけ「あの島が遠い海の果てのただの無人島だったらなぁ。」なーんて

思ってしまう事は、ありますがね。

そしたら、所有権を置いて揉める事も無くなるのだし

日本と韓国の、心からの和解の日も

グンと近づくと思うのですね。







どうせ日本と韓国の仲がこじれたって

アメリカに好都合なだけなのが、いつも腹立だしくて堪らない。

私が見るには、島の所有権よりも、

日本と韓国が本当に仲の良い国になった方が、絶対にイイっす。ずっとイイっす。

と、思っておりますよ。

アジアの未来のためにも、

ちょっと大げさに言うと、世界平和のためにも。







ま、

どちらにせよ、本で扱うには

私にゃ荷が重過ぎる質問ですね。

どうせよくわかんねーし

どうもすんません。








しかし、その分、

本に収録された「韓国語講座」は

結構、気を使ったほうです。

特に、この本での「韓国語講座」のポイントは、

どこより「リアルな表現」でございます。








別に、「この本で韓国語をマスターしよう」

なんて目的の人はいないでしょうし

「実際は使われない、教科書みたいな硬い文章」よりは、

「実際の韓国人が使う表現」を使わせていただきました。

たとえば、

日本語ならば

「少し静かにして頂けますか?」

よりは

「ちょっとウルサイんだけど。」

みたいな。

教科書にゃ、載らない表現重視。








発音も同じ原理です。

例えば韓国人は、

「イムニダ」や「ハムニダ」なんて発音はしません。

むしろ、韓国で実際に「ハムニダ」「イムニダ」なんて言ってしまうのは、

「日本人って、こういう発音するよね」的な典型。

もはやネタの域です。

実際には ー> 「インミダ」「ハンミダ」のような発音をします。







ですから、本でも、本屋の参考書で学ぶような

ちゃんとした表記ではなく

「実際の韓国人が聞いた時に、聞き取りやすい」を重視して

発音表記をさせて頂きました。

もし韓国語専門家に苦情が来たら、まぁ謝るでしょうが

ぶっちゃけ、どっちの方が実践で使える発音かは一目瞭然。








この辺でそろそろ

「韓国語講座とかw金儲けに走りすぎwww」

とか言われるのですかね。

いやぁ、ぶっちゃけ

当然ですよ。

どうせ詰め込めるだけ詰め込むんですから、

私の活用できるものをフル活用させて頂くのは当然ですよ。


しかも、それだけじゃありませんよ?!


なんと、そんな「リアルすぎる韓国語講座」を

東方神起ネタとコラボまでさせてしまうズル賢さ。


ハッハッハッ。


2兆冊売るには、なんのこれしき。








しかし、

前回の記事は、

さすがに、ちょっと反省しております。


あんな風に、リンクを貼っておくのは、

ねえ。

いくらなんでもカッコ悪いすよねぇ。








いくら2兆冊大作戦とは言え

本購入ページへのリンクを、ドーンと貼っておくのは

いかんせん、格好が悪い。

私だって、格好付けたいですからね。

26歳とか、カッコつけたい盛りのお年頃ですからね。







おっしゃ

わかった

これからは

さり気な~く

控えめ~な感じで、

リンクを貼ろう。

そうしよう。
























今日中に、3人にすすめろよ~今日中に、3人にすすめろよ~









http://www.amazon.co.jp/gp/product/4594065856/ref=s9_simh_gw_p14_d2_g14_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=0J514RAJA3ADSW2S2DY7&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376756&pf_rd_i=489986  >← クリック









  













ん?






いやいや、
錯覚、錯覚。


PS.
とにかくホンマありがとうっす、
幸あれ!幸され!
皆さん全員に幸あれ!

スポンサードリンク

Category

掲示板(BBS)



 
  現在 人がこのページを見ています。  
  ↑ 死ぬほど大好評販売なう。

→ Index画面へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。