スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

実は面白い3人、そして考えに考え抜いた末の「JYJ」考察。











「東方神起の影から解き放たれたい、と言う考えは決してありません。

僕らは今も、東方神起なので

東方神起の元メンバーと表現されるのも嫌です。」










いやー




持ってるわー




すごいの持ってるわ、ジェジュン。








さすが、私の愛した男ですよ。








彼のインタビューを見て、私、やっと分かりましたね。


彼ら、相当、


笑いに貪欲だって事が。


何で今まで気づかなかったんだろう。

彼らがこんなに面白いって事実に。









え、

面白くないですか?

寧ろ、お怒りですと?









いやまぁ

確かに

このインタビューでの発言、

お笑いをあまり理解してらっしゃらない人から見たら

ジェジュンの事を

すげー都合のイイ事ばっか言う奴みたいに思われちゃいますが

違いますよ

ここは、ひと笑いいただけるところじゃないですか。









いや、参りましたよ。

ジェジュンってば

JYJ公式ファンサイトに堂々と書かれてる「ex-TVXQ」を嫌がるという、

まさかの大ネタをかまして来るとは。









「僕らは今も東方神起」だなんて、

東方神起のイメージを下げようと日々努力する3人ファンは

一斉にズコーン!ですよ。

古き漫画のように逆さまの足だけ見えるズコーン!ですよ。








続けさまにジュンスの


「アイドルを辞めたつもりはない。アイドルにも、実力があるのだと言う事を見せたい」


というインタビューも

実はこれ、

2010年9月某日のインタビューで


もうアイドルの音楽はやめたい事務所が企画したイメージじゃなくて僕らの色を出したい」


と、発言した内容の

マ逆を行く、実に面白いやつ。







わずか1年でアイドル辞めるのを辞める

という、高度なネタですが

このギャグ、下手すると

じゃあ1年前のアレはSMを出るまっとうな言い訳のために出まかし言っただけと思われてしまう

非常に体を張った凄いネタなのです。

さすがメンバー1、お笑い好きだったジュンス。

お笑い魂は、まだまだ衰えていない様です。じゅん、じゅわー!









そして、極め付けは


やっぱこれ。



「3人同時に、2人の夢を見た事があります。」


















おまえら3人同時にインセプションかよwwwwww








くっそわろたww








数日前、ジェジュンが私の夢に現れたのは

もう、このオチのための盛大なフリだったとしか思えない。

ジェジュンとばしてんなー、









ですからね

ホラ皆さん、

怒るとか呆れるとかじゃ無いんです。

これは、面白いやつなんです。








あとそうそう。

念のための確認ですが。









私は基本、

3人には、情が残っています

いつか面と向かって話し合って怒りあって謝って和解して解決して全て整理して、

また5人に戻って欲しい、
とも思っております。

いくら大勢に「ありえない願い」だとののられても、です。

そういう「奇跡」を夢見るくらいは良いじゃない、と思ってます。









ただ、

今まで散々

裁判の件で、試行錯誤をし、

頭を抱えて悩み、

時に苦しみ、

そして真っ向から調べた結果、

今の「JYJ」というグループに至るまでの経緯や、

矛盾した行動・発言については、

どうしても納得が行かない、
という見解に落ち着いております。

(ご存知の通り、私も初期には3人側の主張を信じ、SMのみをメタメタに叩いたという黒歴史を持っております。)









だから、

彼らの矛盾した言動によって

「本当にこれから」という時期に、裁判の件でとばっちりを受けた2人が

あらぬ誤解をされ、

酷く叩かれ、

傷つくのが我慢できず


何度か、ぴしゃりと物申した事もあります。

(ぶっちゃけ、3人の言動が、2人に迷惑のかかるもので無かったならば口を挟む事は無かった事でしょう。)









まぁ、そのせいで、

今まで3人の強い味方と思ってた、私の心境の大変化に戸惑った一部の3人ファン達には

非常に目の敵にされ、何故かラスボス扱いされ、

そうした方々の言動を見せられてるうちに

流石に3人までうんざりになりかける瞬間などもありましたが










しかし、

この

情けない、未練たらたらの性格ゆえ。










好きだった時間を、

無かった事は結局出来ず。

あちこち巡りながら、思い出にも浸り、色々考えた末

「誰だって好きな所もあれば、気に入らない所があるもんだ」

と割り切って、

待とう、見守ろう。


と、去年の今頃、記事で書きました。










しかし、

割り切る

とは言え、

そうした、どうしても気に入れない事情のこもった「JYJというグループ」に関しては

応援する事はどうしても出来ず、

色々聞こえて来る情報に呆れたりもしつつ、

しかも下手に言及すれば、またいらぬ誤解を招く事となりそうだったので

ここ1年ほどは、出来れば触れない方向でのスタンスを持ってきました。









まぁ、要するに私は今まで、

「彼らを見捨てたから」書かなかったと言うよりは、

「触らぬ神に祟り無き」3人の名前を

腫れ物扱いしていた節があったわけです。









が、


悪かった。


間違ってた。


こいつらは、


ちゃんとイジってあげるべきだった。


彼らは、見事なお笑い要素も兼ねたグループだった。









てかもう

ぶっちゃけ、私は

「あの発言の、内容自体」よりも


恐らく今まで怒らせてきたであろう、東方神起ファンに対し気を使って


気を使って、気を使って


気を使った上でのあの発言が、



むしろ散々キレさせてる状況

一番可笑しくて仕方ないんですけどね。







やっぱジェジュン良いわー

持ってるわー

昔も今も、私を確実にくすぐる何かを持ってるわー








今後も益々目が離せないね!








・・・とは言え、

まぁ正直、笑いぬきで冷静に考えると。

東方神起が日本で頑張って活躍してる今の状況で、

それが嫌だと抜け出してJYJやってる人が


「東方神起の中のJYJと思ってください」なんて

アイツどんだけ都合良く生きようとしてんだと、

カチンと来る部分は、そらどうしてもありますよ。








でも。

まぁ、

おバカで情に弱いJJの事ですし

2人を懐かしむ気持ちだけは、きっと本心なのだろう

少なくとも

私は、そう思ってます。








「信じる」んじゃなくて、そう「感じる」。

PS
今まで油断して、彼らの面白さを
あまりチェック出来なかったのが非常に残念です。
「こんな面白ネタもあるよ」、という方は
私にも是非おすそ分けしてやって下さい。

無関心や怒りよりも、こうなりゃ笑い飛ばしてやるのが
私なりの愛なのかもです。

PS2.
もう知~らね、叩きたきゃ思う存分叩くがいいさ!
今までだって散々叩かれてんのにこれ以上も以下もクソもあるかってんだ


追記)
天才よ、さようなら
ipod touchは今も私の必需品です
ありがとう革命家
御冥福をお祈りします

スポンサードリンク

Category

掲示板(BBS)



 
  現在 人がこのページを見ています。  
  ↑ 死ぬほど大好評販売なう。

→ Index画面へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。