スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

「がっちゃんの正体」と、韓国ブログの真相。

















すっげ、

何かすっかり有名人だぜ?







ええ、紛れも無く私のブログですが。

最初、話題になってるよという話を聞いたときには

「?」

でしたよ。

「なんかマズイ事でも?」

と。







ま、すぐに上の画像を見て

「あ、なるほどね」

と思いましたけどね。








皆さん、

「でっちあげ」てのは、

だいたい皆同じ手口ですから、覚えておきましょうね。

「都合の良い箇所だけ抜粋」

これ鉄則!







いやぁ、

私は寧ろ


「ついに向こうから、墓穴掘ってきたな」


と、思っております。

だって私は、







そこにある記事を

何一ついじってないから。








・・どういう意味かって?







今頃

これをバラ巻いた人は、

むしろ、こう思っているでしょう。


「早いとこ、あの韓国ブログ閉めちゃえよ」


なぜかって、


私がこのブログを開けておく以上、ボロが出てしまうもの。


一発で。








私はですね

本当に久々に

そのブログに、私が昔書いた文を読み返して

マジで思いましたよ。

どうせ翻訳して画像つくるんなら、全部翻訳しろや。

と。








上の画像の手口みたいに

自分らに都合のいい部分だけ発注して撒き散らすとか

聖書の中から都合のいい文を色々つなぎ合わせて、

異端宗教作ってる連中とどこが違うんだ?









そりゃ私だって

dkssud gk tpdy dufjqns <-知らない外国語

とか書いてあるサイト見せられて

「JYJ最低!って書いてあります。JYJの悪口ばっかり!」

とか書いてあったら、

「へーそうなんだ。」って思うわな!

頭イイね。にしてもいっちいちやり方が汚えでやんの。








確かに、母国語で書いてるから

話し方がちょいストレートなのは否めないけども

書いてある内容は、ココと、さほど変わらねーぜ?

言わば、「オブラートに包んでるか、包んでないかの違い」じゃね?








じゃぁ、お待ちかね。

こんな事言ってもどうせ、

韓国語が自由自在な人なんて限られてるでしょうし

こうなりゃ私の手で直接、

「東方神起」について言及した文を、まんま翻訳するとしますかな。








これを見ても尚、

「JYJの悪口ばかり書いてある」のか

「JYJルーマーを流す最低サイト」かどうか

判断するのは

閲覧者の勝手じゃない?







まぁ色々脅迫も多いですが

どうせ私は腐った脳みそ以外、失くす名誉も地位も何もない人間なんで。

正体を暴かれようが、

JYJファンに自宅探し出されて何をされようが、得も損も無いしね。








てか、

何で私が数ヶ月前とかに書いた文を、自分で翻訳してなきゃなんねえんだ?

イヤイヤだよマジイヤイヤ丸出しだよ。

こんな面倒なことさせんじゃねー

課題とか宿題とか翻訳しなきゃいけない文章たんまり置いといて、

自分が過去に書いたくっだらねえ文章なんか翻訳してる私の顔ってどんだけアホ面だろうか。

歌詞の翻訳もまだだっての








まぁいいや。

この際、あちらがどんだけ悪質でずるい連中か

ちょっとでも垣間見れる機会になったなら、それはそれでいいや。








では、ここから始まりますよー。

しっかり見てってね!








あ、ちなみに

一文字たりとも修正はしておりません。

どうせ「がっちゃん破滅プギャー!」とか思いながら

画面ごとごっそりキャプチャーしといた人も結構いると思うんで、

疑わしいのならそっちに見せてもらって、照らし合わせておくんなまし。









まず、

「例の韓国ブログ」とは。

東方神起のことには全く触れぬ、

2005年からちんまり運営してたヲタクサイト。

(覗いた人はわかるでしょうが、年中休止以外のなんでもないようなブログ。)

ですから

「東方神起の事を、直接的に言及」したのは


せいぜい10回前後?そんなもん。


うちほとんどが、エイベ側に対する愚痴や

悪質JYJファンに対する愚痴。









一番最初に、今回の事態に関する文を書いたのが、

2009年12月04日。








そうだなぁ (遠い目)

あん時は、

ちょうど

「ユノが3人を裏切った」

なんて話を、あちこちで目にした頃でしたかね。








その時期の

ここでのブログ記事を見りゃわかるでしょうが

その頃は、わたくし、

3人の主張を鵜呑みにして

「訴訟の本質は奴隷契約で、ユノとチャンミンも時間差でSMを出るだろう」

とか本気で信じていた頃でしたから。

(これも嘘だとかぬかす馬鹿は流石にいないでしょう。)








私がどんだけ

3人の勝訴を心から応援して、

SMを叩いて、

SM叩き動画なんぞ振りまいてたかは、


見てきた皆さんの方が、よおおくおわかりでしょう・・・・・・・・遠い目

だから、

「裏切り者説」がハンパ無く出回ってる事実が

意味が分からず、ただショックだった。








という心境で書いた文。

本文の訳↓

(もう一度言いますが、一文字たりともいじっておりません。)









作成: 2009年12月04日

題名: 本当に残酷なファン達。







「何を信じるか」は、個人の自由だし

裏切られたと思って怒ったり、悲しんだりも個人の自由だけど






ホミンが裏切ったというストーリーを長々と証明だの言って

流れまくってる、その事件。

私も読んでみたし、

ショックを受けた部分があるのも事実だけども

それもやはり、100%信じるには、

おかしな部分があると思わないのだろうか。

(そんな私だって、それを証明できる程の能力者では無いから、黙ってるのが筋だろうけど・・)






少なくとも

今までユノやチャンミンを長い事見守ってきたファンが、

少なくとも、この1年間の東方神起を見守ってきたファンが

本当にあの話をそのまま受け入れてしまうなんて、納得できない。






ファンの資格をどうこう言ってるワケじゃ無い。

(私だって、ファンの資格がある人間なのか疑わしい人間だし)

でも少なくとも、ユノやチャンミンが今まで見せてくれた姿、

そして彼らがもし本当に裏切り者ならば、それを行ってた時期から

最近まで彼らの行動を、少しでも思い浮かべる事が出来るなら

(本当に些細だけど、最近のBigeastationを少しでも聞いたのなら)

その姿の後ろに、裏切りを計算していたってのが、人間として可能なの?

と、思うんだ。






私があまりに感性的なのか?

(でも、どうせ人の行動のほとんどが感性と無関係では無かろう。)






勿論、私は2Uが好きだから。

(リアルだの何だのの話をするつもりは無い。今はそれとは次元が違う問題なので)

ユノが1集デビューの頃から今まで、

どれほどユチョンを可愛がって、愛くるしく思ってきたか、

私は見てきた。






(4月に撮ったオルアバ3では、ユチョンとルームメイトになったって事を

どれだけ嬉しそうなヘタレ顔で言ってた事か。)

そんな、可愛くてたまらないパクユチョンって人を

そんな手口で、裏切るワケが無い、2U万歳!・・・ってな、

下心満載な信頼ってのもあるっちゃあるかもだけど。






私は、どう考えても

ホミンが裏切り者だなんて、信じられないんだ。

まぁ、あれこれ証拠だの振りまかれてる資料は、私だって見たわな。

SMから持ってきたって言う資料やら、サインやら、お父様のインタビュー。

ため息しか出ない。

でも、本当にそれが100%事実だろうか。まったく歪曲されてない真実だろうか。






でも今は、そんな事よりも

私が本当に頭に来るのは、

私のように「信じられない」という人に向かって

「頭悪いんじゃないの?しっかりしなさいよ」態度のブロガーたち。

(その人たちが何を信じるかは勝手だし、裏切られたって思うのも自由だけど。)






私は本当に残酷だと感じた。






今回のFNS、5人で頑張って歌ったよね。

感動した人も多いだろうし、私だってそのうち1人。

でも、そんな5人の様子を

3人だけちょん切ってキャプチャーして、感動したって記事を書いて、

東方神起の名前じゃなく、「チョンジェスファイト」って書いてあるのを見て

私は本当に背中がぞくっとした。






そりゃ怒るだろうさ。

自分の好きな人(チョンジェスのうち誰か)を、2人が

そんな形で裏切ったって判断してしまえば

そういった行動に出たくなるのも、当然かもしれない。






でも、

それでも

「私は実は昔からユノが嫌いだった」

「チャンミンの性格、昔からあんなだよ」

って言葉。

自分が好きだった美しい思い出すら、否定してしまう、尖った言葉、言葉、言葉。






好きだったでしょう?

あの頃は、確かに、好きだったんでしょう?

幸せだったんでしょう。

彼らのお陰で笑った事、多かったでしょう?






全部なくなったの?

もう、全てなくなったの?






でも、私は信じられない。

今は、まだ、見守りたい。






ただ、馬鹿みたく駄々をこねるんじゃなくて。






インタビューするたびに、ユチョンの笑顔をいちいち見たり

寒い舞台の上で、両手でユチョの手を温めたユノや

ジェジュンが痛いとき、舞台の上でずっと見守って

ジュンスが声が出ないときに、ジェジュンのパートでこっそり高音を出してあげてたチャンミンが

まだ、私の心の中にいるから。

どうしても、そんな君達が、君達を、裏切ったなんて

思えないからなんだ。





これは、ただの下心だけど



毎年、欠かさずユチョンの誕生日を進んで祝うユノ。

今年の6月にも、真横にぴったりくっついていた。(今年6月)



カメラ記者さん万歳。

日本のスポーツ新聞に載った、2Uのつないだ手(今年8月、エイネにて。)

あれは振り付けじゃなくて、歌の途中で手を取ったらしいね。



自分の景品を当てたと勘違いしたユノの、ユチョンハグ。

表情みなよ・・・

よく見ると、(直後にユチョの腕を指してしまったシアと裏腹に)

ユチョンが怪我しないようにダーツの針の部分をしっかり握ってる。(今年5月25日)






本当に、今はまだ

あの笑顔から、裏切りなんて読めない。






誰も、傷つけないでくれ。









ここまでが、最初の記事。

いやぁ、心の葛藤が見え見えですな。

だって本当に混乱してたんだもの。







そして、その次の記事が、

2010年1月19日。

一ヶ月後ですね。


あれだけ苦しかった私が、1ヶ月間何もしなかったなんて誰も考えないでしょう?






なんとか、噂の真相をつかもうと

調べに調べまくって、

「ユノのルーマーはデマ。」

に辿り着いたと同時に

余計な事実を知った。

絶対知りたくなかった事を、知った。







ちなみに

その時くらいに、

ここのブログでの記事が

涙ながらに書いた、

「嗚呼、許せない。嗚呼、憎めない。」










作成: 2010年1月19日

題名: チョンジェスファンの資格?ジェジュンファンの資格?









空を手で隠すからって、空が消える?

見たくなくたって

真実は、存在するんだ。






信じる信じないは、個人の自由だけど

最低限、道徳的な行為と価値は守るべきだと思う。






私がジェジュンのファンで、2Uのファンという事実は、

ここでは置いておこう。

そして、暇人な私が、

めちゃくちゃ沢山の時間を使って

沢山の記事と沢山のブログを読んだ私が、

人生を生きながら、あまり道徳的に生きてきた歴史や象徴も無いけれど

最後に残った、最小限の良心で、客観的に判断した「真実」は






残忍なほど冷たく隠されてきた、訴訟の本質で

ユノとチャンミンを、裏切り者に陥れた

恐ろしく汚い陰謀だった。






蓋をしてあげるのが、ファンの役目なのか?

私が今まで生きてきて、数年間という時間を、

これ以上無い位

泣いて泣いて泣きまくって愛したのがジェジュンだけど、

追うべき責任にまで、蓋をしてあげるのが、ファンの義務なのか?







100歩くらい譲って、

だれかさん達の様に、擁護してあげる事は、できる。私も。

それならば、それだけならば、

いくらでも可能だ。







今までジェジュン関連の大小色んな問題が起こっても

「これこれこういう理由があったんだよ、

ジェジュンも人間だろ、

だからこういう理由で、皆さん、理解してほしいな。」


こんな立場で乗り越えてきた私だったから。







民族意識を疑ってしまった○○新聞の話題やら

絶対悪と信じて疑わない、飲酒運転だって

君という理由ひとつで、

「はぁ・・・・・・人間だもの、こんな理由があったんだよ、ジェジュン叩くなよ馬鹿!

って言ってきた、

君にだけは、底なしのファン馬鹿だった私だから。







今回の訴訟も、

理解できるんだ、確かに。

君がどんな理由で訴訟を起こそうが、

絶対的に支持できる。

(そして、最初は何も分からなかったから、当然チョンジェスを応援し、擁護してた。)






でも、

私が可愛がる芸能人を守るためだけに

何の罪もなく、

しかも、黙ってるしか何一つ方法の無かったホミンの立場を、

逆にそれを利用して

2人をそこまで滅茶苦茶にしてまで・・・それがファンの義務?







冗談じゃない冗談じゃない冗談じゃない






ジェジュン、君が望んでたのは

こんな事じゃなかっただろ?

そうだろ?

少なくとも、私が数年間好いてきた君は、

こんな事を願ってた子じゃ無かった。







でもさ、

君が、知らず知らずに周りに流されたのだとしても

あれだけ大事だった2人を、踏みにじる気は、これっぽっちも無かったとしても

それとも、最初から

あまり深く考えずに全てを行っていたのだとしても






私は、今回ばかりは

擁護できない。

事態はもう、ここまで来てしまった。






化粧品の事業から

手を引くのは、大変だったって

ぶっちゃけSMが、君達の自由な事業まで口出ししたのがイヤだったって

何で言わなかったの。

何で。何で。

訴訟で負けると思ったから?







これからもっともっと、大きな栄光を手にし、

キラキラ光るハズだった君達だからこそ

私は、毎日毎晩を泣いても足りないくらい

悔しくて、つらくて、切ない。






東方神起とかそういうの関係なしに、

誰よりも、ジェジュンという人の幸せを願っていたから、より一層。

もしさ、こんな風に終わっちゃうだろう?

言葉どおり、全部終わりさ。お・わ・り。






君達3人で、

ある程度は、食っていけるだろう。

でも、今までの栄光、以上の栄光は無いよ。

それに、そんな方法で手にした栄光なら

長く続かないよ。







責任を取れなんて、ファンとしては言いたくないけれど

少なくとも、ホミンがあんなことになった事に

何一つ言ってくれない君が、もどかしいよ。






ああ

考えれば考えるほど、悲しくて悔しくて、

つらいなぁ。







すべてに蓋をしなきゃ

私にとって、都合の良い嘘を信じなきゃ、

ファンじゃない?







君の為に、

他の罪の無い人を踏みにじらないと

ファンの資格が無い

なんて、

言わないよね?





もし、

それこそが真のファンならば、

私は最初から、君のファンじゃなかった。







ジェジュン、

こんな言葉言ってしまったけれど

私は本当に君を愛していた。

そして、多分、今も愛してる。

これからは・・・うん、正直なんて言えばいいか分からない。






そうか。

きっと、

苦しい苦しい、この心で、君を愛するだろう。

ごめん。













以上。

うわナンダコレ、せっつねぇ。

自分で言う

こっぱずかしいけども、

これがジェジュンへのファンレター以外のなんだってんだ一体。







上の記事を書いた頃は、

日本のファンはルーマーのこともあまり知られておらず

増してや、5人を信じますって人がほとんどだったから。

そんな日本のファンの心を乱したくなかったんだろうな。

でも、耐え切れなかったんだな。


きっと、あの場所くらいしか、

愚痴る場所が無かったんだな。








と、今となっては思います。(まるで人事。)








そしてその次に記事を書いたのが、2010年1月20日。

もう何もかもイヤになりかけた頃っすね。









作成: 2010年1月20日

題名: こんなファンも。








今日も、東方神起の過去に浸りながら

あちこち廻ってるうちに

とても小さくて、とても可愛らしい2Uサイトを見つけた。






つらさと心配と痛さの中で、小説のアップは止めてしまったけれど

純粋で、肯定的な心で、

東方神起を応援し、待っているという、そこの管理者さん。






「生まれて初めて作ったんだよ」と、

照れくさそうに言いながら

丹念に織った、数百個もの折り紙の鶴

今じゃめっきりテレビで笑顔の見れない5人のために

一人一人を心配しながら






この全ての成長通、

2010年には克服しようね、
って

本気で祈願してる姿が






最近のファンの流れとは、あまりにかけ離れてて

そこはまるで、

無人島のようだったけど

どれほど、ポジティブで、

どれほど暖かかったか。






最初から、皆、ああだったらば。

私が、最初から、ああだったらば。







最初から、誰一人攻撃せず

誰一人憎まず、つらくて痛くて不安でも

5人の選択を信じて

その管理人さんのように、

明るい希望で、彼らを応援できていたのなら。







・・・もう、取り返せなくても。

願わくば、

その人の心と、時間が

無駄になりませんように。


小さく小さく祈って、

今日も私は、遅寝遅起き。













以上、1月20日の記事。

嗚呼、もう言葉はいらないや。








次の記事は、2月4日。

ご存知ジェジュンの、誕生日。

大好きな大好きな歌を、youtubeでリンクした。

「雨と、あなたの物語」

大好きな歌を、送った。








そしてその下には、

その歌の歌詞を書いた。

ジェジュンを思って、

書いた。


それだけ。










作成: 2010年2月4日

題名: 雨とあなたの物語













子供が、雪を望むように

雨は、あなたを、懐かしむ





雨のロマンよりも

雨の暖かさよりも





あの日の、切実なあなたを

忘れられないだけだから





あなたは、私を忘れるな。

いつだって、私を悲しめた。





私の愛くるしい貴方の目を、

あの日の、悲しいあなたの姿を、見ることはもう出来ない。





どれだけ、泣いたか。

雨に、打たれ。

瞳を、雨に、打たれ。


雨の中のあなたを、心に淡く描いて





私達の、最後の言葉を

「あなたの、

最後の言葉を

口ずさむ」







さらんへ

さらんへ

さらんへ






さらんへ さらんへ さらんへ






さらんへ!さらんへ!さらんへ!!!















以上、

2月4日より。


皆さんは、

私がジェジュンを

生で見た最後がいつだったか
、ご存知でしょうか。

2009年、7月5日。東京ドームでした。







そしてジェジュンの最後の言葉は、

物議をかもした、例の

「カシオペアサランヘヨ」でした。







私の、聞いた、

最後のジェジュンの言葉が

「サランヘ」

だったから。



「あなたの最後の言葉を、口ずさんだ」。

さらんへ さらんへ さらんへ








的な事を思いながら

一人さびしく、

ハッピーバースデー代わりに歌いましたっけね。

さらんへさらんへさらんへ。

私の歌声は、あの日空中分解したから、証拠はどこにもありませんけどね。







で、その次が

2010年4月14日。

(嗚呼、段々このどうでもいい翻訳がしんどくなってきた・・現在午前3時43分。(眠)






「しっかし、いくら考えても腹が立つ」

という題名で、

エイベ社長のツイッターでの発言(チャンミン握手)

の事を愚痴りましたさ。






4月とか(笑)

もうこの頃はブチギレモードなので、

「チャンミンが握手してくれなかったのがどれほど悔しければ

4ヶ月も過ぎた今、活動中止した途端に待ってましたのごとく

ファンがいっせいにみるようにTwitterに愚痴ったの?

そんな悔しかったら本人に言えばよかったじゃまいか。」


のような事を書きましたね。






ま、アンチの主張するJYJディス関連じゃないので

そちらはパス。







で、その次の記事が

2010年4月15日。








作成: 2010年4月15日

題名: ユノ、チャンミン、この二人を






本当に心から尊敬する。

第3者の、ただのファンである私も、

(しかも私いつから2人のファンみたいになってんだ?w

JJファンだっての。ま、それはもう私の見る目の問題だし

もう二度とそんな事書かないけど。)


こんなに腹が立って、心底悔しいのに

当事者はどんだけだろう。






心広いの、認定したな。

ユノとチャンミンのファンが、本当に羨ましいわ。

こんな素敵な人たちを、一生応援して生きていけるなんて、幸せだろう?

私はどうすんのさ。ま、寂しいけれど、ちゃっかり仲間に入れておくれよ。






何より我慢しがたいのは

ファンはどうあれ

「一般人までもが、悪さをしてるのはSMで

それを背に負って逃げぬいたのが3人で

ホミンは、臆病+裏切り者と認識してる」


という事態が

本当に本当に本当に意味が分からない。






どうやって我慢してんだ?

ユノ、チャンミン、

心が広いにもほどがある。

私だってこんなに悔しくて、胸から炎がわきでるくらいなのに。

寝床でうなされて、ガバッと起き上がるくらいなのに。

怒りにうなされるって、こういうもんなんだなって

体感して初めて、わかったよ。






君達が、我慢する道を選んだのなら

君達を応援する私達も、

我慢の道を行くべきなのだろうか。







そうだね。

私も少しは、見習うよ。

耐える忍、耐える忍。













以上。

たしかこの記事を書いた頃から、

こちらのブログの内容も、一時大分落ち着いてた気がします。

「何も言わず、我慢する君らを見習おう」と思ってたからでしょうね。







で、次の記事が5月6日。

もうこの頃は、カンカンだね!

でもってまたお偉いさんがツイッターで意味深にぼやくから

いくら見習う事にしてたって、

愚痴くらい言いたくもなったわ。


「JYJイベントに動員数100万人はオーバーじゃね?」

てね。







実際、韓国のファンが80万人てのは、

ファンコミュニティである、ネット人口の事であって

その中には当然ファンじゃない人だって、仕事関係の人だっているだろうし

カシオペアがもともと80万もいないってのに

100万人は、オーバーじゃね?

て、書きますたよん。 嘘はどこにも梨








んでもって、その次が

5月11日。

新聞サイトを見ても、どこをうろついても

一般大衆たちすらも

皆、「どうせ奴隷契約会社だろSM」とか

「臆病者の、SM所属歌手」

な事を言うのを見て







「そんなの、エイベに3人取られただけじゃないか。

韓国の国民としても、東方神起っていう

国を代表するグループを奪われたようなものなのに

これは怒って当然のことじゃなねーか」







な事を、書きますた。







その次が、5月23日

まぁこれもファンに対するひやかしなので、パスしますが、

まぁ要約するとユチョン誕生パーティーがあった日ですね。

ですが、この日は韓国民にとって、別の意味のある日だったから。

よりによって大統領1周期の日に

誕生イベントおっぴろげるファン達を見て驚いたので。

(これは別にユチョ関係なく、誰のパーティーでも同じ事言ってた。絶。対。)








で、その次が9月17日。

ハイそうです。

これが皆さんの目にした

「因果応報だよ。」






はーい、

やっと出てきた。

長かった。







で、

「待つとは何だ待つとは。

逆だろ、あの長い時間を待ってあげてたのはユノとチャンミンだったろ」


と、ついに

ここでついに、ジェジュンの発言にキレた文章。








まぁご親切に翻訳してあるので読んだのですが、

アンチさんの翻訳文章があまりにぎこちなくて笑えましたわ。(笑)

なんだあの翻訳機まわしましたみたいな文書。w







あんなんじゃねぇよ、

ちゃんともっとカッコいい言い回ししたさ! 笑







ま、

思ったまでを言ったまでっす。

あの文だけ読めばそりゃ

あんまりじゃない?
とか、分かるんですけどね。







前後の、気の遠くなるような

私の葛藤を見てきた人ならば


なんでああ書いたか

おおむね、判断できるでしょうよ。








で、私の書いた最後のトン関連記事が

「ラジオスターの作家さん、がんばってください。JYJファンは恥を知れ」

ですねぇ。







知る人ぞ知る、ラジオスター事件ですよ。

ラジオスターの作家さんが、

ご自分のツイッターでJYJを悪者扱いしたからって

個人のツイッターどころか、職場であるラジオスターの掲示板に

「降板させろ」

を始め、口にも出せないような恐ろしい文章で攻撃された事件








あまりの掲示板のカオスっぷりに

職場のページにこれは無いだろ、

という思いで、作家さんにメッセージを書いたもの。








※ まあその後は勿論、

降板どころか謝罪文もありませんし、

一般大衆は

「JYJファンって、気が強いんだな・・」

という認識が出来上がった程度で済んだ事件でした。








以上!

で、今に至ります。







・・・何かやましい事でも?







少なくとも、

あんな形で晒される言われはありませんが。








ま、

「どうせ日本人は韓国語わかんないだろうし、

こんな風に晒されたら、絶対ブログ閉じるって!」


とでも思ったんでしょうね。







この馬鹿女が本当に全部翻訳するわけねーよとも思ったでしょうし

それよりは、

いちいち確認する時間さえ惜しいほど


こんなカッコウな叩きのネタ、

一秒でも早くバラまきたくてたまらなかった
のでしょう。


ハイハイ凄い凄い。(大拍手)








だから、

一部発注して

「批判してます!サイッテー!」とか、言いふらす事
を思いついたんでしょうね。

まさかこの馬鹿女が本当に全部翻訳するとまでは思ってなかったのでしょう。








後から冷静に、

昔の記事を読んで見て、

思ったより批判してない事に気づき

ボロが出るのを恐れたせいでしょうか。

しかもブログ閉じねーよとかぬかしたからでしょうか。





今じゃコメント欄にて、昔の記事にわざわざ出向いて後付けこじつけに必死なご様子です。

心の中では「何でもっと盛大にJYJを叩かなかったんだよ馬鹿!!!」などと思ってることでしょう。

面白いファンだ。








あ、そうそう








「ホテル女」って言葉ですけどね。

まるで組織でもあるかのような言い回しですが

なんの実態も無い

ただの、新造語です。







簡単に言えばこうです。

某掲示板で、3人ファンがユノとチャミを叩いていました。

一般の通りすがりが言いました。

「でも、事業とかやってたんでしょ?ホントに奴隷契約のせいとは思えない」

3人ファン 「こんのホテル女があああああ!!!」


















昔は、3人を擁護しなければ「ホミンファン」

と呼んでいたものが

今は、3人を擁護しなければ「ホテル女」

呼び名が変わった。

ただその違い。







だってもう

ただの通りすがりや、関係の無い人が

「ホテル女」呼ばわりされた掲示板の光景
はもちろん

一般人が個人のブログなどで、

「今○○で東方神起の二人をカッコいいって言ったらホテル女って言われた。

ホテル女って何?」


的な文は、割とよく見る光景です。

組織名だったら面白いかもですね。何だか高級ブランド好きな虚勢女っぽいイメージ。笑








この両ブログ見たらわかるでしょうが

私は訴訟関係の記事を書きたいとは言ったものの

まだ特定の記事を載せた記憶すらありませんなぁ。

しかもネット四方に飛び回ってる資料を載せたのが罪なら、今頃何人お縄になってる事か

特定の人物を陥れるために

事実無視で、ある事無い事書きたてるのがルーマー
っすよ?

どう見たって根本的な質が違うだろうに。








そうそう、

信じてくれなどと言いませんよ。

私はお見せできるだけしましたからね。

後の判断や、後の行動は、

皆さんにお任せします。

こんな内容のブログであんな祭り開く連中ですからねぇ。

これだけやっても尚、おかしな事を言ってくる人は絶対にいるでしょうが








もう一度言います。

今回の記事を見て

どう受け取ったかは、


皆さんの脳みそで判断する、皆さんの意思です。








まぁ、

メンドクサイ一日でしたよ。

そりゃあ、あの方達だって焦りもするでしょうよ。

今1位更新中の東方神起がダメなら、

この場所だけでも潰したいのでしょう。心中察します。









しかし



「何であれだけSMを叩いてたこの人が、それをやめたんだろう」



という理由には、一切触れず



「ジェジュンファンだと嘘をついています!この人信じないで!」



って、








言ってる事が支離滅裂で、

なんかもう


恥ずかしくないのか?









にしても

私に関するデタラメ情報を含めた人身攻撃はもちろんのこと

滅茶苦茶恐喝まがいの事言われまくったんですけど。

これっていいの?

訴えるとかしつこい人達いるけど、そっちこそいいの?









恐喝は置いといても

許せんよマジ

脅された事?

こんなネタ流された事?

自称ジェジュンファンとか言われた事?

JYJの悪口言いまくってるとか言われた事?








いや。




正直どおおおでもいい。








私が参ってるのは









こっちを見られた事だ。























許さない

絶対に許さない









テニプリとガンダムに溺れてた女子大生時代☆

PS.
アニメヲタ認証しちゃったZE☆

PS2.
言葉がいるでしょうか。
とっても心強かったです、
皆さん、本当にありがとう。

最後に。
このたびは、私のアンチさん達が何か勝手にあちこちで
お騒がせしました事、代わりにお詫び申し上げます。
(90度ペコリ)

スポンサードリンク

Category

掲示板(BBS)



 
  現在 人がこのページを見ています。  
  ↑ 死ぬほど大好評販売なう。

→ Index画面へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。